中古住宅をお考えの方

中古住宅のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

中古 内観イメージ

中古住宅のメリット中古住宅のメリット

  • 新築に比べ「安い」。
  • 自分好みにDIYでカスタマイズすることができる。
  • 価格が安いケースが多く住宅ローンの借入期間が短くしやすい。

中古住宅の一番の魅力は新築一戸建てに比べたときの価格の「安さ」と言えます。新築一戸建てに比べ価格が安く、住宅ローンの負担も軽くなり「月々の支払いを抑える」または、「借入期間を短くする」という選択も可能となります。また、今流行りのDIYを行い中古住宅を自分好みにリフォームしたいという人も若い世代に増えています。自分の手で修繕を行うことでマイホームに対してより愛着を持って住むことができるのはDIYできる中古住宅のメリットと言えます。

中古住宅居のデメリット中古住宅居のデメリット

  • 前の入居者の使用による傷や汚れなどの劣化が見られる。
  • 保証がなく、現況での引き渡し。
  • 今の新築と比べると設備が古く、構造では劣るケースが多い。
  • 新築に比べ住宅ローンの審査が厳しい。
  • 住んでいく中で設備などのリフォームが必要になる。

中古住宅で多くの方が気になる点として「前の入居者が使用したことによる傷や汚れ」があると思います。築年数が増えれば価格は安くなりますが、その分傷や汚れが増えます。設備なども年数が経過しており、メンテナンスや修繕などのランニングコストが発生するケースが多く見られます。中古住宅を購入する場合は購入価格だけでなく、入居後の修繕費を見据えた購入計画を心がけましょう。また、築年数によっては現行の耐震基準を満たしていない場合があります。1981年6月以前は現在の基準(新耐震基準)よりも基準が緩かったため、耐震補強が必要になるケースがほとんどです。また、中古住宅は現況での引き渡しとなるため保証がなく雨漏りなど問題が起きたときには自分で修理の依頼をしなければならない点にも注意しましょう。

はなまる

このように、中古住宅にも様々なメリット、デメリットがありますが、夢のマイホームの実現に向けて、ご家族の描く未来の暮らしに寄り添った家づくりをしていきたいと、はなまるハウスは考えます。

規格型注文住宅のはなまるハウスなら住宅ローンを抑えながら、自分の好みに合った住まいを建てることができます。「支払いは抑えたい」でも「自分好みの家を建てたい」という方はぜひ、はなまるハウスへご相談ください。

お店で相談してみる